業者間専用のポータルサイト

先日、所有物件の管理をしていただいている管理会社さんのうちの1つが主催する大家さん向けの勉強会に参加してきました。いくつか印象に残ったものがあったのですが、そのうちの1つがこういうサービスです。

キマRoom!

業者間専用のポータルサイトで、生産性向上を。
キマRoom!は、
賃貸業務の負荷軽減と売上向上による生産性向上を目的とした、
既存の業者間サービスに代わる、次世代型業者間流通システムです。

だそうです。これだけだと良く分からないという方のために勉強会の資料↓の内容も引用させてもらいますと、不動産管理会社が自社物件や自社管理物件の情報を他の客付け業者に週1回FAXやメールで発信していたのに代わり、そういう情報を集めたポータルサイトができて使われつつあるということのようです。

これを使えば、例えばすでに決まった物件情報や募集条件変更した物件情報、超人気物件の空室情報などもリアルタイムでわかって便利そうです。

批判的に見ると、こういうのって多くの会社が使わないと機能しないと思うので、現時点でどの程度使われているのかが気になるところではあります。でもこういうサービスを使って自社取り扱い物件を公開する業者が当たり前になるのであれば、業者の自社取り扱い物件情報の囲い込みが減るように思います。

参考記事:囲い込み?(2017/6/24)

参考記事:囲い込み? その後(2017/7/16)

「無茶なことをするのでトラブル防止のため」(岡山大家さんブログで取り上げてもらえました)

このサービスが今後順調に発展していくのかどうか注目です。

↓キマRoom!の紹介動画です。

今回の勉強会をしてくれた管理会社さんの勉強会ですが、毎度毎度役に立ちます。今後もできるだけ参加しようと思っています。

以前のセミナー参加時の記事があったので、自習をかねてリンク掲載しておきます。自分で読み直してみて、内容を忘れていたのを思い出しました。ブログ書いていて良かったと思う瞬間です。

参考記事:今(2016/4/23)

参考記事:管理会社による空室対策セミナー(2016/10/1)

参考記事:国の空き家対策?(2016/11/5)

参考記事:管理業者登録制度(2016/11/6)

もしよろしければ応援クリックお願いします。
人気ブログランキング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする