タバコ業界からの政治献金 その2

先日の内閣改造で岡山県から選出の国会議員、加藤勝信氏が厚生労働大臣に就任したこと、また厚生労働副大臣も岡山選出の国会議員、橋本岳氏であることを書きました。

参考記事:タバコ業界からの政治献金(2017/8/4)

が、厚生労働副大臣も今回の内閣改造で他の方に代わるようです。

厚生労働副大臣退任にあたり(橋本がくブログ 2017年8月 7日 (月))

第3次安倍第3次改造内閣 副大臣名簿(首相官邸)

厚生労働省のページでこんな↓ページがあるから、副大臣留任と思っていました。

そのうち更新されるでしょうけど。

さて、ここで非喫煙者として受動喫煙防止が進んで欲しいと願っている私が少しだけ気になるのは、新たな厚生労働副大臣がタバコ業界から献金をもらっているかどうかです。以前の記事で書いたように、大臣である加藤勝信氏がもらっているのであまり期待はできないと思いつつも副大臣がもらっていないのであればわずかながら期待してもいいかと思っているのですが…。

というわけで新たな厚生労働副大臣を上のリンク先情報(+選挙区などはネットからの情報)から見てみると、

高木 美智代(たかぎ みちよ) 衆 公明党 比例東京ブロック

牧原 秀樹(まきはら ひでき) 衆 自民党 比例北関東ブロック(埼玉5区)

この名前が前の記事で載せたタバコ業界から献金をもらっている議員のリストにあるかどうかを見てみます。

表4-3 タバコ販売&耕作者政治連盟から自民党議員への献金額 6年間の合計(地域別順、年別集計入れ)2010年~2015年(平成22~27年)

この↑リストは自民党議員のリストで、公明党の高木美智代議員の名前は当然ながらなし。牧原秀樹議員の名前もなさそう。というわけで副大臣はタバコ業界からの献金を受けているリストには名前がないことが分かりました。ほんの少し、受動喫煙防止の動きが進むことを期待してもいいでしょうか。

もしよろしければ応援クリックお願いします。
人気ブログランキング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする