沖縄での戦い

先週は東京都議会議員選挙だったわけですが、今度は沖縄県の那覇市で市議会議員選挙があります。

那覇市議選、67人立候補 知事vs.自民が再び火花(朝日新聞 2017年7月2日18時51分)

那覇市議選(定数40)が2日、告示され、67人が立候補した。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設に反対する翁長雄志(おながたけし)知事を、党派を超えて支える「オール沖縄」ができるきっかけとなったのが那覇市議会。埋め立て工事が進む中、翁長氏の求心力が測られる選挙になる。投開票日は9日。

沖縄での選挙というのは、沖縄を日本領土のまま維持しようとする日本 vs 沖縄を奪う気満々の中国、という構図のように個人的には思います。

中国が沖縄を奪う気満々であるというのは、私の妄想ではなくて日本政府の見解です。

平成 29 年 (2017 年) 1 月 内外情勢の回顧と展望 公安調査庁(pdfファイル)

上のリンク先の資料の23ページにこう書かれています。

是非はさておき、行方を注視したいと思います。

もしよろしければ応援クリックお願いします。
人気ブログランキング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 麒麟 より:

    こんばんは。
    中国、怖いですね~
    マスコミももっとこの件を報道して国民や県民が危機感を持つように警告すればいいのにと思います。

  2. 倉敷大家 より:

    コメントありがとうございます。
    日本のマスコミがあちら側の人間に支配されていると考えるのが妥当だと思っています。