スポンサーリンク

カエルの楽園

憲法記念日ですね。そんな日に読むのにふさわしい本は色々あるでしょうが、私はこの本が面白いと思います。「カエルの楽園」(百田尚樹)です。

カエルによる物語なのですが、現在の日本を風刺した寓話です。登場する色々なカエルが誰(または何)に該当するかを考えながら読むと面白いかもしれません。現実に日本がこの本の結末の様にはならないとは思っていますが…。日々安心して大家業に勤しめる国が続いてほしいものです。国あっての憲法です。

Amazonでの順位を見ると売れ行きは相当なものでしょうが、色々な事情からマスコミからは避けられているようです。テレビの地上波で取り上げられることはないんじゃないでしょうか。

もしよろしければ応援クリックお願いします。
人気ブログランキング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク