スポンサーリンク

ソフトバンクIPO当選したが…

ソフトバンク(株)が12月19日(水)に上場です。

ソフトバンク上場、公開価格1株1500円と発表 2.6兆円調達(Sankei Biz 2018.12.11 05:00)

ソフトバンクグループは10日、通信子会社ソフトバンクが東京証券取引所に株式上場する際の公開価格を1株1500円に決定したと発表した。6日に携帯電話サービスで大規模な通信障害が起きたが、投資家の引き合いに大きな影響はないとみて提示していた仮条件と同額を維持した。上場先は東証1部に決まった。

公開価格は上場に伴い、証券会社を通じて投資家らに株を売り渡す価格。ソフトバンクグループはソフトバンク株の3分の1超を売り出す予定で、約2兆6000億円を調達することになる。

新規上場による調達額としては過去最大とみられる。

上場日は12月19日。

先日、PayPayで大盤振る舞いをして話題となり、通信障害では悪い意味で話題となったソフトバンクが上場です。

PayPay100億円あげちゃうキャンペーン開始

このソフトバンクのIPO(※)、どうやらかなり当選しやすかったようです。

※(IPOとは、Initial Public Offeringの略語で、日本語では「新規公開株」や「新規上場株式」と表します)

そして初値上昇の可能性についてはネット上では厳しいとの予想が目立ちます。

ソフトバンク(9434)(やさしいIPO株のはじめかた)

(2018年12月11日追記)「ソフトバンクの応募倍率は1.1倍程度か」との報道がありました。最近の軟調な相場も考慮すると、初値はかなり厳しくなると予想されます。管理人も複数当選していますが、SMBC日興証券など辞退にペナルティが課せられる証券会社以外は辞退する予定です。

買ってはいけないソフトバンクIPO株 (67)~通信障害人のせいにするな~編(ITビジネスアナリスト 深田萌絵ブログ)

最後に、ソフトバンクの株を買うなよ!!
有名な相場の格言があるよ。
食ったら死ぬぞ、毒饅頭!!!

私は自分のSBI証券の口座で、ソフトバンクのIPOを申し込んでおりました。

以上のような状況なので、せっかくの当選ですが辞退です。

超有名企業なので初値上昇の可能性はなきにしもあらずですが、危ない橋を渡る必要はありません。

↓もしよろしければ応援クリックお願いします。
人気ブログランキング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク